プロ野球の防御率、計算方法を分かりやすく解説!

全国、いや全世界のプロ野球ファンの皆さん。

プロ野球ファンブログサイト管理人のdaigomaです。

今回も、プロ野球に関する気になることを書いていきたいと思います。

プロ野球ファンの人であれば

『防御率』という言葉は聞いたことがあると思います。

でも、『防御率』がどのような計算方法で出されているかまでを知っている人は

意外に少ないようです。

そこで、今回は

プロ野球の防御率の計算方法を分かりやすく解説していきたいと思います。

明日から使えるマメ知識として、是非覚えてくださいね(^。^)

あと、最後にテスト問題もありますので

是非、答えてみてください!

スポンサーリンク



そもそも防御率とは?

baseball-1407864_1920

まずは、そもそも防御率って何?

というところからお話したいと思います。

防御率とは、

1試合(9イニング)あたりの自責点を平均として表したものになります。

つまり、その投手が1試合(9イニング)を投げた時

何点取られているか?

という事が分かる数字ですね。

なので、数字が低ければ低いほど良いということになります。

防御率の計算方法は?

それでは、本題の防御率の計算方法について説明していきたいと思います。

現在の防御率の計算式は

防御率=(自責点×9×3)÷(投球回×3)

となっています。

これに当てはめていけば防御率が計算されることになるのですが、

計算式に固定されている数字の意味も説明しておきたいと思います。

(自責点×9×3)の部分

9はイニング数(回)を意味しています。

3はアウトの数(1回あたり)を意味しています。

(投球回×3)の部分

3はアウトの数(1回あたり)を意味します

※投球回数が100回1/3の場合は

(投球回数(100)×3+1/3×3)

となります。

でも、自分で書いてても『ややこしっ!!』

と思ってしまいますので、

(投球回数(100)×3+1(半端なアウト数))

となります。

これでも、まだややこしいわ!!

という人のために

もっと簡単に言うと

(投球回数×3)=(アウトを取った数)

と覚えておくとよいかと思います。

それでは例をあげて計算してみます。

例①)7回投げて自責点3の投手の防御率は

(自責点【3】×9×3)÷(投球回数【7】×3)

=3.857・・・・・・

となります。

防御率を計算した時には、

小数点第三位を四捨五入することになっていますので

【3.86】

ということになります。

例②)7回2/3を投げて自責点3の投手の防御率は

(自責点【3】×9×3)÷(投球回数【7】×3+2(半端なアウトの数))

=3.375

となり、四捨五入して

【3.38】

となります。

お分かりいただけたでしょうか?

スポンサーリンク


防御率の計算方法!アマチュアとプロでは違う?

上記で書いた防御率の計算方法は

プロ野球での定義となります。

では、アマチュア野球での計算方法はどうなるでしょうか?

高校生や大学生・社会人に関しては、試合は9回まで行われるので

プロ野球と同じ計算方法で防御率を出すことが出来ると思います。

ですが、少年野球や草野球は7回までの試合が多いので

このあたりは、ちょくちょく議論になっているようです。

これについては、正式な基準というのは定められていません。

大会やリーグによっては独自に基準を定めているケースもあるようです。

個人的には、7回までの試合であれば

イニング数を7回で計算するのが妥当ではないかと思っています。

その場合は、

(自責点××3)÷(投球回数×3)=防御率

という計算式になります。

防御率というのは、その投手が1試合投げた時に

どれくらい点を取られるかという数値になりますので、

この方が、本来の防御率としての数値が出るのではと思います。

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、

プロ野球の防御率、計算方法を分かりやすく解説!

について書いていきました。

実を言うと、僕も数年前までは

防御率の計算方法は知らなかったのですが、

この計算方法を知って、プロ野球を見る楽しみが100倍に増えました。

・・・すいません、100倍は言いすぎました(笑)

でも、この防御率の計算方法を知ることで

きっと違った見方でプロ野球を楽しむことが出来ると思いますよ。

なにより、マメ知識として人に話せますので・・・(笑)

それでは、最後にあなたに問題です。

【問題】

投球回数152回1/3で自責点が51の投手の防御率は?

答えが分かった人は、是非コメント欄で教えてください!

この問題に正解すると、あなたは防御率の計算方法が

理解できたということになります!!

それに、正解コメントして頂いた人には・・・

もれなくコメント返信させて頂きます(笑)

『コメント返信なんていらねーよ!!』

なんて言わずに、是非コメント待ってますよ!

自信のない人も、答え合わせのつもりで是非お待ちしています。



【プロ野球を今より100倍楽しむ方法】

プロ野球を楽しむならスカパーが絶対にオススメな理由!

よく読まれている記事はこちら

野球世界ランキング最新2017版はいかに!気になる日本の順位は?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする