野球世界ランキング最新2017版はいかに!気になる日本の順位は?

プロ野球ファンサイトでは

プロ野球の事を中心に書いていますが、

今回は、野球世界ランキングについて

書いていきたいと思います。

ところで、

みなさんは野球の世界ランキングがあることは

知っていましたか?

キャプチャ

サッカーやバレーボールなどの

国際試合が盛んに行われているスポーツに関しては

よく耳にするかもしれませんが、

野球の世界ランキングがあることは

意外に知られていないようです。

最近はWBCプレミア12などの

野球の国際大会も増えてきましたので

今後、世界ランキングも注目されていくと思いますので

この機会に是非知っておいて下さいね。

今回の記事では、

・野球世界ランキング2017最新版、日本は?

・野球世界ランキングはどこが決めている?

・野球世界ランキングの基準は何?

これらについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



野球世界ランキング2017最新版

早速ですが、

気になる野球世界ランキングをみてみましょう。

一番左から

順位・国名・ポイント数

となっています。

※2017年3月29日時点の最新ランキング

1位 日本 5669pt
2位 アメリカ 5378pt
3位 韓国 4789pt
4位 台湾 3901pt
5位 キューバ 3737pt
6位 メキシコ 2961pt
7位 ベネズエラ 2804pt
8位 オーストラリア 2433pt
9位 オランダ 2071pt
10位 カナダ 2020pt

まずは、1位~10位までをご紹介しました。

日本世界ランキング1位

ん〜、気持ちいいですね(^O^)

そして続いてアメリカ、韓国・・・

このあたりまでは、

まぁ、納得出来るところなのですが、

4位の台湾には少し驚きました!

そんなに強いかな〜・・・

といった印象があります。

そして、キューバが5位というのも

これまた意外でした。

キューバといえば

アマチュア世界最高と言わ続けて

これまでの国際大会でも

段違いの強さを見せていましたからね。

それでは、続いて11位~20位をみてみましょう。

11位 プエルトリコ 1759pt
12位 イタリア 1759pt
13位 チェコ 1362pt
14位 パナマ 1318pt
15位 ニカラグア 1267pt
16位 ドミニカ共和国 1169pt
17位 コロンビア 1003pt
18位 ブラジル 900pt
19位 イスラエル 804pt
20位 ドイツ 587pt

2017年WBCで、目立った強さを見せたイスラエルが19位

前回前々回とWBC決勝まで勝ち進んだプエルトリコが11位

この2カ国は、今後間違いなく

世界ランキングの上位に食い込んでくると思います。

そして、オランダも今後はランキング10位以内には

入ってくる実力があるのではないでしょうか。

そして、11位~20位の中にも意外な国が・・・

ドミニカ共和国が16位?

WBCでは毎回優勝候補に上げられるくらいの強豪で

誰もがその強さは知っていますよね?

個人的にはランキング3位以内に入ってるのかな?

くらい思っていました(汗)

ところで、

この野球世界ランキングというのは

一体どのように決められているのでしょうか?

気になりますよね。

これについては、

後ほど、ご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


世界野球ランキングはどこが決めている?

まずは、気になる世界ランキングから発表しましたが、

この野球世界ランキングというのは

どこが決めているのでしょうか?

このランキングは

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)

が発表しているランキングとなっています。

サッカーで言うとこの

『FIFA』

のようなところですね。

以前は

『国際野球連盟(IBAF)』

という組織でしたが、

2013年から

『世界野球ソフトボール連盟(WBSC)』と

統合されて現在に至ります。

ちなみに、野球世界ランキングは2009年に制定されており

最近出来たランキングとなっています。

野球は古くからあるスポーツなのに

世界ランキングが最近出来たというのは意外ですが、

これまで、国際大会が少なかったことが

理由ではないでしょうか。

現在は、世界124ヶ国が加盟しています。

日本が野球世界ランキング1位になったのは

2014年11月からです。

その後は、日本が1位を守り続けています。

それでは、この世界ランキングは

どのようにして決定されているのでしょうか?




野球世界ランキングの基準は何?

野球世界ランキングで

日本が1位なのはとても嬉しい!

このランキングが

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)

が発表されているのも分かった。

しかし、ドミニカ共和国のような

超強豪国が16位って

どんなランキングの付け方してんだよ!!

と気になりますよね?

少し、ややこしいですが

ご説明したいと思います。

この世界ランキングは

過去4年間に出場したIBAF公認の

国際大会の成績によってポイントが加算され、

トータルポイントによって格付けされています。

このポイントは基本的には

順位によっての獲得ポイントが設定されていますが、

『大会の格』

『対戦国のランキング』

『大会出場チームのランキング』

によって、

増減ポイントが付くという制度もあります。

それでは、

一つずつ説明していきましょう。

基本獲得ポイント

このポイントは国際大会での、

順位によって獲得できる基本的なポイントになります。

最終順位 基本獲得ポイント
1位 50pt
2位 40pt
3位 30pt
4位 15pt
最下位を除く5位以降 参加チーム数によって15~
1pt内で均等に配分
最下位 1pt

最下位を除く5位以降のポイントの計算式については、

かなりややこしいので、ここでは説明を省略します(汗)

基本獲得ポイントにプラスされる追加ポイント

基本的には、上記の基本ポイントが通常ポイントとなりますが、

その他にも、大会の格や対戦相手によっても、

ポイントの増減があります。

『大会の格』による追加ポイント

大会名 ポイントの追加
WBC・本選 通常獲得ポイントに6倍加算
例:優勝したら50pt×6倍で300pt獲得
WBC・予選リーグ リーグ1位:+50pt
リーグ2位:+40pt

リーグ3位:+30pt

リーグ4位:+15pt

WBSCプレミア12 通常獲得ポイントに6倍加算
例:優勝したら50pt×6倍で300pt獲得
WBSC U-23 ワールドカップ
WBSC U-21 ワールドカップ

WBSC U-18 ワールドカップ

通常獲得ポイントに2倍加算
例:優勝したら50pt×2倍で100pt獲得
WBSC U-15  ワールドカップ
WBSC U-12 ワールドカップ
通常獲得ポイントのみ。加算なし

対戦国のランキングによる追加ポイント

このポイントは、各大陸の野球連盟と

IBAFから事前に許可をもらっている、

国際親善試合が対象となっています。

条  件 獲得ポイント
世界ランキング10位以内のチームに勝利 +20pt
世界ランキング11位~20位のチームに勝利 +10pt
世界ランキング21~30位のチームに勝利 +5pt
世界ランキング31位以下のチームに勝利 +2pt

大会出場チームのランキングによるポイントの減

上記2つはポイントが追加されるケースでしたが、

続いては、基本獲得ポイントが減少するケースです。

これは、ポイント対象大会において

前年度終了時点での世界ランキングの上位10ヶ国が

何ヶ国参加しているかによって決定されます。

条  件 ポイント減少率
前年度世界ランキング10位以内が
3ヶ国以上参加
通常通りのポイントが付与
前年度世界ランキング10位以内が
2ヶ国参加
通常獲得ポイントが×0.75倍になる
例:優勝国は50pt×0.75倍=37.5pt
前年度世界ランキング10位以内が
1ヶ国参加
通常獲得ポイントが×0.5倍になる
例:優勝国は50pt×0.5倍=25pt
前年度世界ランキング10位以内が
参加していない
通常獲得ポイントが×0.25倍になる
例:優勝国は50pt×0.25倍=12.5pt

以上が、

野球世界ランキングのポイントの基準となります。

スポンサーリンク


まとめ

今回は、

野球世界ランキング最新2017版はいかに!気になる日本の順位は?

ということで、

野球世界ランキングの2017年最新順位と

ランキングの基準などについて

書いていきました。

まだ、あまり注目されていない

野球世界ランキングですが、

現在は1位なんですよね(^O^)

今後、世界大会が増えてくるにつれて

野球世界ランキングも

サッカーやバレーのように

もっと注目されるようなランキングに

なって欲しいと思います。

そして、今後世界大会などがあるときは、

このランキングの基準となるポイントも

意識して見てみると、

より、楽しめるかもしれませんね。

それでは、今回の記事は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【プロ野球を今より100倍楽しむ方法】

プロ野球を楽しむならスカパーが絶対にオススメな理由!

こんな記事もよく読まれています

プロ野球の防御率、計算方法を分かりやすく解説!

2017年シーズンに大記録を達成しそうな選手は?

プロ野球界の暗黙のルールが意外に多かった!

プロ野球選手の生涯収入が凄すぎる・・・。

プロ野球界の裏話!審判編!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする